Original

自治体広告の主な特徴と強みについて

年間約7兆円と言われる広告市場には、大小さまざまな広告媒体があります。その中で自社の課題にマッチした広告媒体を探すためには、まずそれぞれの特性を知ることが必要です。

ここでは、自治体広告の特徴と強みについてご紹介します。

地域性

第一に、地域性です。

これは当たり前の話ですが、自治体広告が媒体とするものの多くが各地域の住民に届けられるものやその地域にあるものとなるため、企業にとっては掲載先のエリアを特定した広告出稿が可能となっています。

それによって、無駄が少なく費用対効果の高いPRが期待されます。

信頼性

次に挙げられるのが、信頼性です。

そもそも広告を見る側にとって目的とするのは、その広告が掲載されている誌面やそこに書かれている情報です。そして、それらの情報に対する信頼度が広告に対しても影響することとなります。

自治体の情報は地域における最も信頼できる情報の一つです。そこに広告を掲載することで信頼度の高い情報として、閲覧者に受け取ってもらえることが期待されます。

また掲載にあたっては、自治体による審査を通過する必要があります。そのため広告掲載されていること自体に、企業への信用度を高める効果があると言われています。

社会貢献

最後に、社会貢献です。

自治体広告のそもそもの目的は自治体の財源確保。自治体は広告料として得た歳入を、次年度の予算として住民サービスの向上に役立てています。そのため、住民にとっては地域を支える企業としての印象を与えることにつながります。

そうした地域への貢献を表す活動は、CSR(企業の社会的責任)と言われ、最近では専任部署を設ける企業も出てきています。

まとめ

以上、自治体広告の特徴をご紹介しました。

無駄のない広告出稿が可能で、信用度の高い情報としてお届けができ、さらに地域におけるブランディング効果まで期待できる。いわば、一石三鳥の広告媒体と言えるかもしれません。

もっと詳しく知りたい方は

お気軽にご相談ください!

人気ランキング

資料ダウンロード

このサイトについて

この内容で送信します。よろしいですか?