Original

地域に根ざした病院を目指すには、自治体との連携が欠かせません(医療法人社団愛和会 産科・婦人科 愛和病院 工藤啓士郎 様)

サービスに自信があるからもっと知ってほしい

ー「子育てBOOK」に2年出稿されている経緯からお聞かせください。

昭和61年の開院以降、当院は古賀市で30年以上にわたって産科・婦人科を経営しており、地域に密着した病院として親しまれてきました。

来院していただければ、きっと満足いただけるという自負があります。サービスに自信があるからこそ、多くの方に当院のことを知っていただきたいと思っています。

「古賀市子育てBOOK」は、市の子育て支援事業をはじめ、子育て支援施設の紹介、保育所・幼稚園の情報、経済的支援や相談窓口紹介まで網羅しており、当院の情報を発信するには適した媒体です。

Facebookやインスタグラムなども積極的に活用しており、紙媒体と組み合わせながら広く情報を発信しています。


自治体のメディアに広告を出し地域活性化に貢献したい


ー「子育てBOOK」に広告を出されるメリットは何でしょうか?

来院者が「広告が載っていましたね」と言ってくれると、やはり良かったと思います。当院のスタッフも「子育てBOOK」の広告を見て、仕事をする誇りや責任感を持ってくれているようで、それも広告効果の一つだと考えています。

また、3年前に「あいわ・母と子ライフサポート館」を開設し、出産や子育てに関する悩みや相談を受けています。こうした取り組みでは、自治体との連携が欠かせません。一体となって地域の出産や子育てを支援しています。

「子育てBOOK」に広告を出すことで、ライフサポート館を知ってもらうことはもちろん、こうした活動への理解にもつながると思います。

ー地域密着の病院としては、氏との連携が欠かせないわけですね。

広告効果以前の話として、市に関する刊行物への広告出稿や、地域イベントへの協賛などは積極的に取り組んでいます。地域が元気になることで若い人たちが移り住み、出生数が増え、当院を訪れる人も増える。少子高齢化社会にあっては、こうした流れを作り出すことが必要だと感じています。

広告を出稿して認知度を上げ、来院につなげることも大切だと思っていますが、地域活性化に貢献したいという強い思いが広告出稿の背景にあるのです。


媒体紹介

古賀市子育てBOOK

名称:古賀市子育てBOOK

ターゲット:20〜30代の子育て世代

発行部数:約2,000部

規格:A4中綴じ冊子、44ページ

ターゲットと地域を絞った効果的なPRが可能

福岡県古賀市の母子手帳と一緒に手渡される子育てサポート冊子。子どものための助成制度や健診、予防接種、幼稚園・保育園、ママサークル情報を網羅しています。配布期間は1年間ですが、子育て期間中はずっと利用できる内容のため、閲読率・保持率が高く、効果的なPRが可能です。

もっと詳しく知りたい方は

お気軽にご相談ください!

人気の記事

資料ダウンロード

このサイトについて