Original

【広告媒体まとめ】地域性の高い事業におすすめの広告媒体はどれ?

地域で事業を行っている人たちにとって、どんな広告があるでしょうか。

今回は、それぞれの広告媒体の内容を比較し、お勧めの媒体をご紹介します。地域でのブランディングを図りたい方、売り上げアップを図りたい方、地域に狙いを絞って集客を図りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。


目次


地域性が高い企業におすすめの広告媒体は?

一口に広告と言っても、テレビ、雑誌などのマスメディア広告、インターネット広告、チラシ、DMなどさまざまな媒体があります。目的やターゲットによって、適切な広告媒体を選ぶことが大切となります。

日本全国がターゲットの大企業、またネット販売や通販のような事業であれば、テレビやインターネット媒体での広告が最も効果的でしょう。しかし、地域性が高い事業の場合、ターゲットは地域に住んでいる人になります。

特に教室や美容院、クリニックなど、わざわざ遠くからくるケースが少ない場合は、より地域に密着した広告媒体が必要になります。また、同じ地域の顧客を得ることにより、リピート率の向上も期待できるのです。


マス媒体

広告と聞いてまず思いつくのはテレビ、ラジオ、新聞、雑誌などのマス媒体ではないでしょうか。影響力は他の媒体よりも大きく、見ている人にとって、その会社の商品がどんなものなのかイメージしやすいです。また、視聴者に伝わるスピードも速いため、セールやキャンペーンなど、速さが大切な場合が最も向いているといえます。

しかし、デメリットもあるのも事実です。まずはなんといっても、マス媒体を利用するにはコストが大きくかかってしまうという点です。また、コマーシャルなどの制作を始めてから、実際に広告が流れるまでに時間がかかることも欠点のひとつでしょう。さらに、コマーシャルを見た人全てが、じっくりと見てくれるとは限りません。録画をしてあとから見るのであれば、ほとんどが飛ばされてしまいます。

ラジオはテレビに比べたら、地域密着であり、コストがテレビに比べて安い上に運転をしている人は長い時間ラジオを聴いている可能性も高く、コマーシャルを飛ばされることがあまりありません。しかし、テレビと違い映像がないので、イメージが伝わりにくい、または違ったイメージで伝わることもあるでしょう。

他にも、新聞広告や雑誌の広告といった方法があります。新聞は他の媒体よりも信頼度は高くなります。コストも、テレビなどより抑えられることが多いでしょう。

しかし、新聞の効果は1日だけです。前の日の新聞を読む人はあまりいません。ですから、その日だけの大きなセールなどを告知する時は、大きな力を発揮するでしょう。また、インターネットなどでニュースを読む人が増え、購買者数が減っており、ターゲットの年齢層が高い場合はより広告効果があるといえます。

雑誌の項目はターゲットが若い女性などはっきりしている時に、広告効果があります。しかし、全国の顧客がターゲットの場合は良いのですが、地域での顧客がターゲットの場合はあまり向きません。

いずれの広告媒体であっても、期間限定のものが多くなります。


SP媒体

SPとは、「セールスプロモーション」の略であり、ダイレクトメールなど費用対効果が比較的わかりやすい手法です。ダイレクトメールの他には、折り込みチラシ、フリーペーパー、駅などに設置されている広告、イベントなどがあります。

メリットは、費用対効果が分かりやすいことと、比較的簡単に実施できる点でしょう。また、他のインターネット媒体などと組み合わせて使うこともできます。たとえば、折り込みチラシにURLやQRコードを載せておいてクーポンサイトなどに誘導したり、折り込みチラシを持ってきてもらったりすると特別なサービスを受けられるというものです。

コストは、他の媒体と比べるとあまりかからないのですが、デザインなど内容の修正に時間がかかります。業者に頼む方法もありますが、逆にコストがかかります。また、DMやチラシはよっぽどのことがないと内容を見る前に捨てられてしまうことがあり、資源やコストの無駄になってしまう可能性も否めません。

駅やコンビニなどに設置されているフリーペーパーであれば、読んでもらえる可能性が高いでしょう。またお得なクーポンなどがついていれば、来客へとつながる可能性もあります。


インターネット媒体

近年、スマートフォンの普及もあり、インターネット媒体は利用している人が多くなっています。顧客はまず店を探す時に、YahooやGoogleなどの検索エンジンで検索を行います。その検索エンジンで検索をした結果が表示されるページで、ページの上の方に表示することができるリスティング広告があります。

検索キーワードと全く同じでなくても、関連性が高いものが選ばれるので、探している人にとってもすぐに目に入るのです。また、純広告といって、yahooなどのサイトで広告用にあるスペースを期間限定で買い取り、テキストやバナーを載せる方法もあります。印象強いバナーであれば、クリック率も高くなるでしょう。

最近では、LINEやTwitter、FacebookなどのSNSを利用するSNS広告もあります。他にも、YouTubeで動画を再生中に広告を流すことができます。特に若い人がターゲットの場合は、インターネットや動画サイトを見ている時間が長いため、宣伝効果が高くなるでしょう。またSNSでの広告は、実際に使っている人が拡散をしてくれることがあり、大きな広告効果をもたらす可能性があります。

しかし、この大きな広告効果が、時にはデメリットになることもあります。なぜなら、デマなどが拡散されてしまうこともあるからです。そうなってしまった場合、見ている人にとってもどの内容が本当なのかが分かりにくくなります。また、一度拡散をしてしまうと、コントロールをするのが難しくなるのです。

インターネットやSNSが全盛の今、最も広告効果が高くなる可能性があるのですが、逆にリスクも高くなることがあるということを忘れないようにしましょう。


自治体広告

最後に、地域に密着して経営をしていく企業や店舗にとって、効果の期待できる媒体の一つが自治体広告です。これは、自治体が発行する広報紙、ホームページ、ごみの収集日を記載した冊子などの空いたスペースを広告として活用するもの。

近年、自治体の新たな財源を確保する施策として注目されていますが、広告を掲載する企業にとっても地域で活躍する企業としてのブランディング醸成や信用度向上が期待されています。


もっと詳しく知りたい方は

お気軽にご相談ください!

人気ランキング

資料ダウンロード

このサイトについて

この内容で送信します。よろしいですか?