Original

目的やターゲットに合わせて選びたい!自社のサービスにぴったり合う広告手法は?


広告には、インターネット、テレビ、雑誌などのメディア媒体や、ちらしや公共施設のポスターなど、色々な種類があります。

これらの広告は、その企業や店舗がどのような目的を持っているのか、どのようなユーザーをターゲットにするのかによって、向いているものも変わってきます。

今回は、サービスにぴったりあう広告の手法について、詳しくご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。


目次


新規顧客獲得に向いている広告の手法は?

新規顧客に向いている広告の方法としては、新聞折り込みチラシ、ポスティング、フリーペーパーなどの広告、大型スーパーなどでのイベント活動、他にはインターネット関連である、ホームページ、TwitterやFacebookなどのSNSなどがあります。新規顧客の場合は、まずきっかけを作らなくてはなりません。

また、チラシを作ってSNSで配信したり、ブログ記事にしたり、既存顧客による紹介で割引券などのメリットを得られるようにするなど、質も大切になってきます。

特に地域に密着している美容院やクリニック、教室などにとっては店名やサービス内容だけでなく、地域を覚えてもらうことが大切です。いくらサービスなどが良くても、できれば近くのお店に通いたいと思うのが一般的でしょう。家の近所によいサービスの店があれば、リピーターへと発展する可能性も高くなるのです。

そのためには、駅周辺でビラ配りをするなどの地道な活動によって、新規顧客獲得へとつなげる必要もあるでしょう。


リピーター客獲得におすすめの広告の手法は?

お客様にリピーターになってもらうには、サービスはもちろんのこと、何度も来ていることで得をしたと感じてもらう必要があります。リピーターだけを呼ぶ限定イベント、また特別セールなどを行うとお客様は特別感を感じ、また来たいと思ってくれることでしょう。

これらのイベントの案内は、最初に来店してもらった時にLINE登録やメルマガ登録、他にもSNSなどを使い、お客様に対して情報を発信していくと良いでしょう。リピーター客に対しては、自分たちは特別であると思ってもらうことが一番の近道だといえます。


見込み客の興味換気に向いている広告の手法は?

見込み客とは、ある程度商品やサービスに興味を持ってくれていて、他のサービスと比較しているなどの理由で悩んでいる客のことをいいます。もしくは、新規開拓の時点である程度の興味を示しているといった方もいらっしゃるでしょう。

教室であれば、「体験入学をしてもらう」、「その後も初回割引などの特典をつける」などのフォローが大切となります。商品の購入を考えている方であれば、サンプルをお渡しするのもひとつの方法といえるでしょう。このフォローの時期に顧客とならなかった場合でも、もし見込み客であると判断した場合は、キャンペーンなどの案内を記載したDMを送る方法もあるでしょう。

いくらフォローの時に顧客にならなかったとしても、全くの新規の方よりは興味を持ってもらえている可能性があるため、新規顧客となる可能性は高いのです。


また、以前購入してくれていたのに、突然買ってもらえなくなった方には、DM以外にも電話などで理由を聞くことも必要でしょう。もし対応などが納得いかないという回答であれば、しっかりと話を聞くことが大切です。クレームを言うという事は、まだ商品などに興味があるという証拠とも考えられるため、このような時期を乗り越えれば、今まで以上にリピート客となる可能性もあるのです。

もし不満があって購入をやめたのであれば、その不満を解決することができれば、今後もよいお付き合いをすることができるでしょう。「不満があったけど、しっかりと対応してくれた」という思いが残るのです。


商品の認知に向いている広告の手法は?

商品の認知を考える前に、まずは知名度と認知度の違いから見ていきましょう。「知名度が高い」というのは、企業や業者の名前、または有名な商品名があるということになります。名前を知られているということは、広告をする時にも有利になることは間違いありません。

それでは、認知度とどこが違うのでしょうか。極端に言ってしまえば、名前だけを知ってもらえれば知名度はあがります。しかし、その内容を知らないということもよくあるのです。「コマーシャルなどで名前だけは知っているけど、実際にどんな会社なのかは分からない」ということも少なくないでしょう。


認知度をあげたいということは、会社や業者、またサービス内容や商品までを理解してもらうということになります。認知度をあげるということは、宣伝をするという意味でも簡単なことではありません。

たとえば、最近のコマーシャルで「続きはWEBで」という内容のものをよく見ます。これには、名前だけをまず覚えてもらい、さらに詳しい内容はWEBで確認をしてもらうという狙いがあるのです。認知度をあげるためには、まず知名度を上げる必要があるので、知名度、認知度両方のことを考えなくてはなりません。


いくらホームページに詳しく業務内容などが書かれているといっても、名前も知らないところのホームページにはなかなか訪問してもらえないものです。そのため、コマーシャルなどで印象的な内容を提供し、消費者に興味を持ってもらわなくてはなりません。

知名度をあげるには、少しでも多くの人に見てもらえるような、テレビや雑誌、ラジオ、新聞などのマス媒体、そして認知度を上げるには、ホームページもしくは資料請求をしてもらうと良いでしょう。これらのバランスが必要で、また、知名度を上げておいて、詳しく内容の書いたホームページまたは資料請求へと誘導をするといった方法が必要となってきます。


地域での顧客開拓におすすめの広告手法は?

地域に根差す企業と全国展開する企業では、広告の手法が異なってきます。たとえば、それぞれの地域を拠点としたラジオ局があります。車を長時間運転している人の中には、わりとしっかりとラジオを聴いている人もいるのです。また、運転手は道路交通情報を確認することが多いため、前後のコマーシャルは頭に残りやすくなります。

地域に根差す企業にとって、地域の人が集まりやすい祭りやイベントなどでイベント活動をすると、地域の人にとって印象強いものとなるでしょう。たとえば大型スーパーなどの、週末や長期休みに人が集まる場所でイベントをすると、自然と人が集まってきます。そこで割引チケットやちらしを用意すれば、広告の効果が期待できるでしょう。


他によく地域の方が見ているのは、自治体が発行する広報や、ごみ収集のカレンダーなどに載せている広告、市役所などに貼っているポスターなどです。ポスターに関しては、何度も行く場所、特に長い時間待たないといけない場所では自然に目が入るでしょう。

地元の人たちは、地元でのお得情報を欲しがる傾向にあります。地域密着型を目指すのであれば、自治体が発行している広報紙などに広告を載せることが、地域の顧客発掘への第一歩となるのです。


まとめ

このように、目的やターゲットによって必要となる広告手法は変わります。これらの手法をうまく使い分けながら、自社にマッチした広告を見つけていきましょう。

もっと詳しく知りたい方は

お気軽にご相談ください!

人気ランキング

資料ダウンロード

このサイトについて

この内容で送信します。よろしいですか?