Original

【最も効果が高い広告は?】広告による費用対効果について

広告の方法には、テレビや雑誌、ラジオなどのメディア、インターネット媒体、DM、ちらしなど、色々なものがあるのですが、どれだけ効果があるのか知りたいという人も多いでしょう。

今回は、広告を打つことによる費用対効果についてご紹介します。


目次


広告を打つ目的は?

事業主や企業、店舗は顧客を獲得するために広告を打ちます。

消費者が購入する時、また病院やスクールなどへ行く時、全く知らないところへ行くのはためらってしまう人もいるでしょう。そのために、少しでも名前を覚えてもらい、顧客となることへの壁を少なくするのが、広告を打つ目的の一つです。言葉通り、広く、会社の内容やサービス内容を告げることが広告なのです。


また、広告の目的はこれだけではありません。ただ一方的に広告を打つのではなく、広告を見ている人の反応またニーズを知ることも必要となります。イベントであれば、来場者に対して何人入会したか、インターネット広告であれば、閲覧数や問い合わせの数、どんな年代の人が多いのか、女性が多いのかなど傾向を知ることが大切です。

これらを把握することにより、次回はよりニーズあった広告内容、広告の方法を選ぶことができるのです。企業にとっても広告にコストをかけているのですから、どれだけ効果があったかは気になることでしょうし、知ることが大切となります。


費用対効果の高い広告媒体を選ぶポイント

ただ広告を打てばよいわけではなく、効果がある広告方法を選ばなくてはなりません。それぞれの業種やターゲット、サービスなどによっても広告効果が高いものは変わってきます。そこで広告費を効果的に使うことができるように、広告の費用対効果を知ることが大切となります。

それぞれの広告に対する費用対効果が分かるように使われる言葉に、CPAというものがあります。Cost per Acquisitionの略であり、1件の案件取得に対する費用ということになります。つまり、1人の顧客を獲得するのにかかった費用ということです。安ければ安いほど、効果がある広告といえます。


また、CPAにはもう一つの意味があります。それは、Cost of Action、つまり「来店者数」ということです。Actionであれば単純に来客数となり、それが新規の顧客なのかリピーター客であるかどうかは分かりません。広告にもそれぞれ目的があり、リピート客や見込み客に再度来店してもらうことが目的の場合と、新規の顧客獲得が目的の場合があります。それぞれの状況にあわせて、費用対効果の出し方が変わってくるのです。

新規の顧客の増加が目的の広告であれば、Cost of Actionではなく、Cost of Acquisitionで費用対効果を考えることが必要となります。


費用対効果を考えるにあたって、かけた広告費に対していくら儲けが出たかを考えることが多いのですが、これだけでは実際の費用対効果を測ることはできません。新規のお客様を得るための広告であれば、どれだけ新規の方が増えたかという考え方も必要となるからです。そのため、単純に儲けだけを考えると、新規の顧客を増やすという元々の目的に対しての数値とはいえません。

また、この数値ですが、目の前の数値だけに捉われるのではなく、長期でも効果を確認する必要があります。広告には色々な目的があるため、それぞれのCPAで費用対効果を測り、媒体の選び方や広告の内容を考えていくと良いでしょう。


広告の費用対効果の計算方法

それでは、ここからは広告の費用対効果を実際に計算する方法をご紹介していきます。

費用対効果を測るための方法として、ROASというものがあります。1コンバーションあたりのコストを考えるCPAとは違い、このROASは、実際に広告費用に対して、売り上げがどれくらいあがっているかという比率を出すものです。広告費用1円に対して、いくら売り上げにつながったかというものを算出します。

計算式としては、「売り上げ÷広告に支払ったコスト×100」がROASとなるのです。

費用対効果を考えるためには、CPAとROASの両方を頭に入れておく必要があります。新規の顧客を獲得すること、また利益を出すこと、いずれも企業や事業主にとっては大切なことになります。しかし、これらは別々に考える必要があるのです。


目的に合わせて媒体を選ぶ必要性

費用対効果の目的を何にするかによって、その目的にあった広告の媒体を選ぶ必要があります。

広告の種類は、雑誌、フリーペーパー、新聞CM、チラシ、DM、メルマガ、インターネット媒体など、数多くの種類があります。また雑誌やCM、新聞も地方限定のものもあります。商売が繁盛するには、効果的な宣伝方法を選ぶことが大切になるのは言うまでもありません。広告ひとつで折角のサービスがあっても、大きく効果が異なってくるのです。

また、ターゲットによっても、使う広告媒体は異なってきます。ターゲットが全国で、しかも幅広い客層となる場合は、テレビなどのマス媒体を使うことも効果的でしょう。しかし、コストはかなり大きいものとなり、中小企業や新規の企業には手を出しにくいでしょう。


一般雑誌を使うと、テレビよりはコストが安くなることが多く、また専門誌などターゲットを絞って広告をすることができます。たとえば、美容雑誌に美容院の紹介をすると効果が期待できます。

フリーペーパーを使うのは、ターゲットを絞るのではなく、エリアを絞りたい時に効果的です。フリーペーパーは無料で色々な人が手にしやすいので、ターゲットをしぼるのは難しいでしょう。


新聞はなんといっても、社会的な信頼感があります。「新聞の載っている広告で信用できない企業はないだろう」という印象を持っている人も多いでしょう。また、発行部数は他の雑誌などと比べても圧倒的です。名前を知ってもらうにはよい媒体といえるでしょう。

折り込みチラシは、スーパーマーケットのセールなど、一時的な案内や絞られた地域で力を発揮します。ちらしが目的で新聞を取っているという人もいるくらいです。しかし、新聞に継続的な効果はありません。なぜなら、数日前のチラシを見る人はほとんどいないからです。

DMは、数を多くすることができますが、それだけ印刷費のコストや人件費などがかかります。新規顧客よりも、リピート客を求めている企業や店舗の方が効果は高いでしょう。


コストという面では、メルマガ以上以上に魅力があるものはないでしょう。数万人に送っても、1万円しないこともあります。実際に顧客になる率は低いのですが、数を打ってもコストが安く、手間もすくないため、費用対効果が下がることはあまりありません。

インターネット媒体のバナー広告は、価格はバナーの大きさ、場所などにもより価格に開きがあります。


自治体広告媒体の費用対効果は?

企業や店舗などの広告を考えるうえで、ブランディング強化が大切になってくるのですが、ブランディング強化に大切なのは、認知度と継続力です。認知度があるメディアなどを使うとコストがかかってしまいますし、継続すればさらにコストがかかり、無駄な投資となってしまいます。


そこで、認知度も継続力もある媒体としておすすめなのが、自治体広告です。自治体というだけで、特に地域の住民にとっては認知度が高くなります。これは、どんなブランドよりも幅広い人にとっての認知度が高いのです。

また、他にも自治体広告には継続力があり、広告効果も高いため、費用対効果もよくなるのです。


特に、地域に根付いた企業にとっては自治体広告の費用対効果がよくなります。株式会社ホープは自治体に特化しており、自治体が発行している広報紙や、WEBページ、ごみ収集カレンダー、指定ごみ袋など生活に密着したものの一部を広告スペースとして活用しています。

地域の住民が­ターゲットの企業にとって、広告効果があり自治体が発行するものは定期的に見るものが多く、継続性もあるのです。


まとめ

広告には色々な種類があり、目的やターゲットなどに応じて広告媒体を選ぶ必要があります。それには、広告がどのくらい効果があるのかを知る必要があり、そのために費用対効果について理解する必要があるのです。

新規の人数がその広告に対して増えたのか、利益がどれくらい増えているかなどを意識したうえで、今後の広告の打ち方を考えるようにしてください。


地域に密着する美容院や教室、クリニック、病院などにとっては、地域に密着している広告が必要となります。また、広告効果をあげるためには、持続力と信頼性が必要になるでしょう。自治体広告は、これらの条件を満たしているためおすすめです。

自治体というだけで信頼感はあがるでしょう。なぜなら、読んでいるのはターゲットとなる地域の住民だからです。また、行政の内容、ごみの出し方など、生活に関することが記載されているので、読む機会が多くなり継続性も期待できます。


株式会社ホープでは自治体に特化しており、自治体が発行している広報紙や、公式WEBページ、ごみ収集カレンダー、市役所の案内版、子育てや介護などの冊子など、色々な媒体を使って広告を載せることが可能です。

顧客獲得がしやすく、広告のコンバージョンを改善できるだけでなく、地域により密着し自治体や地域の住民への信頼につながることも十分に期待できます。また、リピート率の向上も期待できますので、マーケティングの部分でお悩みの方は、ぜひこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。

もっと詳しく知りたい方は

お気軽にご相談ください!

人気の記事

資料ダウンロード

このサイトについて