Original

【ブランディングの基礎知識】中小企業のブランディングとは?

企業が売り上げを上げていく上で大切なことの一つに、ブランディングがあります。

​​​​​​​わかりやすくご説明いたします。


目次


ブランディングとは?

ブランディングとは言葉の通り、ブランドにするということを意味します。ブランドとは会社の名前やサービス名そのものに価値があるため、名前を聞いただけで消費者にとって買う意欲を満たすものになります。こうなればビジネスをしていくうえで、非常に有利な状況を築くことができます。

たとえばディズニーランドがその一例です。他にどんなアトラクションができようとも、価格があがろうとも来客が少なくなるようなことはありません。これはファンに取ってディズニーランドでなければいけない理由があり、それがブランドになっているのです。

ブランドというものは、それに対価を支払っても、並ぶ時間が長いなどの時間を使ってでも、ファンが手に入れたいと思うものなのです。


中小企業にこそブランディングが必要な理由

ブランド力や知名度をあまり持たない中小企業こそブランディングが必要となります。名前を聞いただけで商品を想像できるような大企業であれば、消費者にイチから商品やサービスを紹介するといったことは必要ありません。

しかし中小企業であれば、まずどんな会社でどんなサービスや商品を扱っているのかを認知してもらい、それらを信頼してもらう必要があるのです。ブランディングがなければなかなか商品が売れることはないかもしれません。


それでは商品を売るのであれば、他社に勝てば良いとお考えの方もいらっしゃるでしょう。確かに差別化は大切ですし、すぐに結果がでることもあります。しかしそれは短期間の話であり、長期間ビジネスをやっていくのであれば、ブランディングが大切になってきます。

いくら差別化をして他社に勝っても、他社も研究してきますし、さらに上を行く会社がでてくることもあるでしょう。お客様にこの会社でないとだめだと思わせるものが必要となるのです。特に名前が浸透していない中小企業にとっては大切な要素となります。


もし仮になにかトラブルがあった、競合がでてきたという状況になったとしても、ブランドがしっかりとできていればお客様は他にはいかないという状況を作ってくれます。また、ブランドがあるとお客様はまた他の方へ紹介をしやすいのです。

単純に価格競争に勝った、サービスが良かったというだけでは本当の強みとなりません。


競合他社と差別化する!ブランディング

まずブランディングと差別化は違います。他社と差別化をしただけではブランドはできないのです。仮に競合他社に対して差別化に成功したところで、また競合他社がでてきます。ビジネスとは常に競争になるのです。

しかし、ブランディングをした上で差別化をするのであれば、価値があります。しっかりとした自社のブランドができ、さらに他社との違いを作り上げるという状況になります。

ブランディングができている会社は他にも多数あるので差別化は大切です。そのためブランディングができていなければ、差別化をする土俵にもたっていないということです。


信頼性が高いブランドとして認知されやすい!自治体広告掲載のメリット

ブランディングに必要なのは、信頼性と継続です。しかしいずれもそう簡単に得られるものではありません。特に開業したばかりの店舗や企業にとっては、時間をかけてこそ得ることのできるものでしょう。また継続をするためには、どんな広告を打つにしても多額のコストがかかります。

それでは中小企業にとってどのようにすればブランディング力があがるのでしょうか。そこでおすすめしたいのが自治体広告への掲載です。特に地域に密着した中小企業にとっては、自治体ほど信頼性が高い機関もないでしょう。地域の住民にとってはどんな大企業よりも、自治体は生活に密着しており信頼度が高いのです。


また自治体が発行する広報紙や、公式ホームページ、またはごみの収集日が記載されたカレンダーなどは生活に関係することが多いため、何度も見る可能性が高いのです。マス広告や新聞の折り込み広告、他にもちらしやフリーぺーパーなど色々な広告方法がありますが、いずれもその日だけもしくは短期間のみ有効なもので、仮に長期間で利用したらコストが高くなります。

たとえば、ごみの収集日の案内であれば、1年間冷蔵庫などに貼ったままの家庭も少ないないでしょう。書類の手続きなどに必要なものを確認するために、公式ホームページを確認することもあるでしょう。子育てをしている人にとっては、子育て関連の冊子は何度も読むことがあるでしょう。


以上のように自治体広告に掲載をすることにより、信頼と継続を得られることになります。また、地域の発展に貢献することにもつながるので、より地域の住民からの信頼は厚くなるのです。


まとめ

中小企業にとって、ブランディングは大企業よりも大切になってきます。それは大企業であれば、顧客にとって信頼できるイメージがすでにできあがっているからです。

ブランド力がないまま競合に勝って一時的に利益をえたとしても、さらに競合がどんどんでてきますし一度競合に負けると以前のユーザーもあまり会社名などを覚えていないということもでてきます。

中小企業にとって、ブランディングの向上は大変なことなのですが、大切なことなのです。


ブランディング力をあげるのは、信頼と継続が必要になります。いずれも時間や労力がかかるものなのですが、特に地域に密着をしたい業者にとって、おすすめなのが自治体広告に掲載をすることなのです。

地域の人たちにとって、自治体は生活に密着していることでありこれ以上信頼できる機関は他にないでしょう。その自治体の広告に載せることにより、信頼感はあがります。また継続という面でも自治体が発行している媒体はそれぞれ地域住民が継続的に見るものばかりです。


株式会社ホープでは、全国的な自治体広告に関する情報を取り扱っています。是非とも一度お気軽にお問い合わせください。

もっと詳しく知りたい方は

お気軽にご相談ください!

人気ランキング

資料ダウンロード

このサイトについて

この内容で送信します。よろしいですか?