Original

地域生活に役立つ情報源として購読されやすい!自治体広告とは?

自治体広告とはどういうものなのでしょうか。

地域に密着する企業にとっては、どのようなメリットがあるのでしょうか。今回は、自治体広告の効果や配布方法、そして自治体広告を出せるメディアの種類などを詳しくご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。


目次


自治体広告とは?どんな内容が掲載されている?

そもそも、自治体広告とはどのようなものなのでしょうか。自治体が発行をしている媒体には、公式ホームページ、広報紙以外にも、子育てや介護、交通安全などの冊子があります。

これらの広告には、各地域にある病院やクリニック、教室、塾、店舗など、地域に根付いた活動をしていきたい事業者による掲載が目立ちます。

また、冊子などの配布物以外にも、役所の案内板や掲示板の周辺にも広告があります。役所などの広い場所では案内版を見るケースが多くなるのですが、目に入るところに広告があることで自然と広告が目に入るようになっています。

自治体や役所など、行政に関連する場所にあり、そういった場所で発行しているものなので、地域の住民の方も安心して見ることができるのです。また、ちらしやDMのように一時的なものではなく、継続してその広告を見ることにより、効果が高まります。


自治体広告の効果は?

地域の人にとって、すぐに行ける距離の病院や教室の情報が掲載されている広報紙はしっかりと読まれることが多いです。広報紙は自治体が配布するため、各家庭のポストに入れてくれることが多い他、駅などにも置いてあります。

気軽に読むことができる上に、地域の情報がたくさん載っているため、愛着を持って読まれることも特徴の一つです。地域の顧客を増やしたい店舗や病院などにとって、地域の人が読んでくれる媒体の広告効果は高くなるでしょう。


自治体広告の配布方法と主な読者層

自治体広告には色々な種類があり、それぞれ配布方法と主な読書層が異なります。


主なものとして広報紙が挙げられますが、行政にかかわることであり幅広い層の人が読んでいます。また駅などに設置してあることもあり、電車内で読まれることもあります。

その中でも主に、子育てをしている女性や年配の方が読むことが多いです。そのため、病院や、子供の習い事、クリーニング、などの広告が多くなっています。


他には、納税通知書やがん検診などの特定健診の案内として、自治体から届く封筒に広告が載っていることがあります。対象となるのは、検診であれば30代以上の男女で、健康に対する関心が高まるタイミングの一つです。

子育てガイドブックや交通安全などの冊子は市役所などにも置いてありますし、自治体によっては広報紙と同じように配布されるところもあります。交通安全は特に年配向け、子育てガイドブックは主に子育て中の女性が主な読者層となっています。

ゴミの収集日が書かれたカレンダーは、年に一度、各戸に配布されます。主に主婦の方が見ることが多いでしょう。また、毎日のゴミ出しをしている男性の方も見るかもしれません。頻繁に見るものなので、広告に記載されているものも自然と頭に入っていくことでしょう。


まとめ

自治体広告は広報紙、ホームページ、子育てガイドブックなどの冊子、ごみ袋、ごみ収集カレンダーなど、空いたスペースに広告を入れることによって、地域の住民に、地域のサービスを知ってもらおうと始まったものです。

地域の企業や病院などにとっては、大きな広告効果が期待できます。さらに、それによって地域の企業が活性化するということは、その地域自体の活性化にもつながるため、自治体にとっても大きなメリットとなるのです。


株式会社ホープでは、自治体広告に特化したサービスを行っており、ホープを利用することにより自治体広告に掲載することができます。子育て冊子などジャンルを絞ることもできますし、広報紙のようにその場だけでなく、ある程度長期間にわたって見てもらえるものに広告があるのは、継続性という意味でもメリットがあるでしょう。

もっと詳しく知りたい方は

お気軽にご相談ください!

人気ランキング

資料ダウンロード

このサイトについて